比べるのは昨日のピノッキオ=ME

40代で離婚、50代でおひとりさまに。昨日の自分より一歩前にふみだすブログ。

親しい友人がいない

こんにちは!ぴのめです。

今日、気になるニュースがありました。

news.yahoo.co.jp

昨年の12月から今年の1月にかけて行われた

内閣府の調査で、

回答した日本の高齢者(60歳以上の人)1367人のうち、

「親しい友人がいない」と答えた人は31.3%。

これは調査した日本、アメリカ、

ドイツ、スウェーデンの4か国の中で最も高かったそうな。

 

そもそも「親しい友人」って

どのくらいの関係の友人のことを言うんでしょうね。

お国柄によっても違いますし、

人それぞれ違うんじゃない?

この質問でいったい何を調べたかったのかしら?

 

私には「親しい友人がいる」

って言いきる自信がありませんよ。

過去には、親友だと思っていた幼なじみから、

さらっと関係を切られちゃったこともあります。 

www.kurapinome.com

 だから、このニュースを見て、

私と同じような人が、3割もいるなんて💖

正直ほっとしちゃいました。

 

ただ、この調査は60歳以上を対象としているので

かなりざっくりです。

60代の人はともかくとして、

90代の人は友人が自然に少なくなってると思われます。

 

介護施設で働いていた時、

元会社社長で、商工会の会長など地域の役職に就いてきた

89歳の利用者さんが、

「友達がみんな死んじゃって寂しい。

どうしよう、ぴのめさん。」

とすがるような目で言っていたのが印象的でした。

60代のときは友人がたくさんいても

長生きしたら、自然減してしまいます。

 

60代から90代までの人にまんべんなく調べたとすれば、

31.3%って案外妥当な数字かもしれません。

親しい友人を作るのは苦手です

 私は昔からずっと、友人関係を築くのが苦手です。

友人を作ろうと思ったら、

試合前のアニマル浜口&京子ちゃん親子くらいの

気合いと勇気、それから根気がいります。

 

以前は、人と仲良くなると、

自分が吸い取られているような

不安がありました。

 

たぶん、素の自分をさらけだせなくて、

自分の言いたいことが言えなかったり、

人に合わせてしまったりして、

自分が呑み込まれるような錯覚を起こしていた

と思います。

 

だから、表面的なお付き合いで

やり過ごしてきてしまいました。

いざ、おひとりさまになってみると、

友人が少ないことに愕然。

友人関係を育んでこなかったから

当然の結果です。

f:id:kurapinome:20210512231449j:plain
 「親しい友人」とまではいかなくても

人とのつながりを作りたい!と覚悟を決めたら

最近、ようやく開き直れて、

バツイチで、キャリアも、肩書もない、これが私ですよー📣

とありのままの自分を出すようになりました。

勇気を出して、自分から話しかけていたら、

最近は妙な不安感はなくなりました。

 

 

ただ、人とのつながりを作ったあと、

その関係を育てていくのはまだまだ苦手。

まめに連絡を取ったり、会って話をしたり、

関係をコツコツ育てる「根気」が

私には足りません。

 

親しい、かどうかは置いといて、

せっかく作った「人とのつながり」を、

大切に、少しずつつなげていって

友人を作るのが苦手な私でも

心地よい関係を作れたらいいなあと思います。

 

それでも、もっと年を取ったときに、

「親しい友人がいますか?」っていう

あいまいな調査がきたら、

「いないけど、何か?」

って堂々と答えるかもしれないなあ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村