比べるのは昨日のピノッキオ=ME

40代で離婚、50代でおひとりさまに。昨日の自分より一歩前にふみだすブログ。

おひとりさま1周年

こんにちは!ぴのめです。

この4月で、私はおひとりさま1周年を迎えました。

やったー!無事に1年過ごせましたよ。

 

f:id:kurapinome:20210421182322j:plain

あっというまだったなあ。がんばったわ私。

 

心の準備ができていなかったから、

ひとりの時間を持て余したり、

食事を作りすぎたり、

体調を崩したり、

当初はいろいろと大変でした。

 

今では、家事の手抜きやひとり時間の使い方を覚え、

さみしいを通り越して、楽しい開き直り。

誰からも文句言われませんからね、

毎日が平和です。

 

そんな私がおひとりさまになって始めたことは以下のとおり。

1. 布団からベッドに、西枕から北枕に

2. 自分のお弁当作り

3. 毎日湯舟につかる

4. 非常時の備えをした。

3.と4.は過去記事を参照いただくとして

 

www.kurapinome.com
www.kurapinome.com

 今回は、1. の寝床を変えた件について書きます。

寝る向きを変えました。

実を言うと、一人暮らしになる前は、

リビングのテレビの前に布団を敷いて寝ていました。

理由は、朝起きれないから。

 

リビングのテレビを目覚まし代わりにして

なんとか起きていたんです。

子供の登校時間が早かったし、

当時の仕事は早番遅番があって、生活が不規則で

朝なかなか起きれませんでした。

 

おひとりさまになった当初、

ひとりで起きられる?

昼まで寝てしまっていたらどうしよう?

と心配になり、そのままテレビの前で寝ていました。

 

新型コロナの影響で自宅待機になり、

朝寝坊できるようになったので、

布団敷きは卒業。

使わなくなった子供のベッドに寝ることにして、

枕の向きも南向きから北向きに替えました。

 

枕の向きを替えてすぐに、

面接をうけた会社2社から採用をいただいたので、

北向きは仕事運を上げるっていうのは

試してみる価値があると思いました。

 

その後転職した仕事は、勤務時間が固定で、

生活が規則的になると、

テレビの前で寝なくても起きられるようになりました。

 

でも、目覚ましは5個

f:id:kurapinome:20210425160513j:plain

寝室で寝てても朝起きられるようになったとはいえ、

時計1個でシャキっと起きてるわけではありません。

大音量目覚まし時計2つ、

スマホのアラーム、

リビングのテレビ、

光目覚まし時計。

これら全部で5つのアラームが、

毎朝、けたたましく鳴り響きます。

 1.大音量目覚まし時計2個

普通の目覚まし時計の音は私の耳に届きません。

写真左のリアルな音が大音量で鳴る時計が1つと、

写真真ん中の、電子音が大音量で響き渡る時計が1つ。

しかも、この電子音のタイプはアラームを2つ設定できるので

この時点で大音量のアラームが3つ設定されていることになります。

 2.スマホ

スマホのアラームを6つくらいセットしています。

でも、音に慣れたせいか

全く気づかない朝もあります。

もはや保険のようなもの。

 3.テレビ

隣のリビングにある

テレビのオンタイマーをセットして、

設定時間になると

フジテレビの「めざましテレビ」が

大音量で聞こえるようになっています。

いろいろなチャンネルを試して、

めざましテレビに落ち着きました。

なぜかこれがあると寝坊しません。

でも、めざましテレビの音だけでは起きれないんです。

 

4.光目覚まし時計

上の1.~3.のアラームが鳴る前に

動き出すようにセットしてある時計があります。

それが、こちらの光目覚まし時計。

 上の部分が、照明になっています。

f:id:kurapinome:20210425160544j:plain

この時計は、セットした時間にライトがつきます。

ライトが徐々に明るくついて、

日の出を再現。

その後アラームが鳴ることによって、

目覚めやすくするというもの。

 アラームの何分前から明かりを点灯するか、

明かりの強さや色、

アラームの大きさや音(ラジオや鳥のさえずりも音もある)も選べます。

アラームの時間も2つ設定できます。

シンプルですが、あらゆる機能が詰め込まれていて、

普段は照明としても、時計としても、

ラジオとしても使用できる重宝な一品。

とくに真冬の朝、真っ暗な時間に起きなくてはならないとき、

スムーズに目覚めることができます。

 

私の朝は、この時計の明かりを浴びてから、

次々にアラームが鳴りだし(計12セット)

結局、めざましテレビのアナウンサーの声で

我に返る。

結構手がかかる目覚めです。

 

でもこれらのアラームのおかげで、

1回も寝坊をすることなく、

おひとりさま1周年を迎えることができました。

2年目も寝坊ゼロを目指し、

「そもそも、もっと早い時間に寝る工夫」

も考えたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村