比べるのは昨日のピノッキオ=ME

40代後半でギャンブル依存&モラハラ夫と離婚、50代おひとりさまのおっかなびっくりはじめの一歩

自己肯定感ワークの効果?

f:id:kurapinome:20200711175049j:plain

こんにちは!ぴのめです。


自己肯定感のワークを始めてちょうど12週間。軽い気持ちで始めたのですが、かなり変わった部分があります。

1. 何かをするとき、「きっとうまくいく」と自分に声をかけるようになった
2. 発達障害あるあるの「先延ばしグセ」がなくなった
3. うまくいかないときに自分を責めたりせず、「次の行動」に取り組めるようになった

どうやら、私は一日の中で

「私は価値がない」
 ↓(1.自尊感情低下)
 ↓
「こんな自分はダメだ」
 ↓(2.自己受容感なし)
 ↓
「私にはきっとできない」
 ↓(3.自己効力感まったくない)
 ↓
「どうせうまくいくはずがない」
 ↓(4.自己信頼感Nothing)
 ↓
「どうしたらいいかわからない」
 ↓(5.自己決定感zero)
 ↓   
「やっぱり役たたずだ」    
 ↓(6.自己有用感マイナス)
 ↓  
「私は価値がない」に戻る

と自分に声掛けをしていて、これがループになってぐるぐると頭の中を回っていました。

それが、「きっとうまくいく」と声掛けすることによって、
3.自己効力感が「私にもできる」になり、
4.自己信頼感が「この先も大丈夫」になり、
5.自己決定感が「とにかくやってみよう」になり、先延ばしのクセがなくなりました。

そして、ちょっと失敗しても「でも大丈夫」と思え、くよくよしたりせず、次の行動にとりかかるようになりました。

自己肯定感が上がったかというと、正直わかりません。

ですが、頭の中を霧みたいに覆っていた不安な気持ちが、「失敗してもいい、なんとかなる」という言葉に変わり、

困ったと思うことが起きても、それに対処する方法を考えたり、準備をしたりするようになって、くよくよすることがぐんと減りました。

そうすると、自分のことに向き合う時間が増えました。私はいつも、過去の後悔と目先の不安に気をとられていて、「自分の今」に目を向けていなかったんですね。

お金のことが不安で、お金がたくさん稼げればいいと思って仕事を決めたり、失敗したくないから、簡単な仕事を選んだり、人と関わって疲れるのが嫌だから、人を避けて暮したり。

とにかく、不安や恐れから逃れようとして、生き方を選択していたのです。でも、どんなに逃げても、不安や恐れはなくならない。

人とつながっていなければ、自己肯定感も上がらない。自分で自分を認められないから、他者への承認欲求もずっとなくならない。

これまでの私は、人と深く関わらない仕事や関係を選び、一人暮らしを始めて、人とのつながりをどんどん減らしていることに気づきました。

このまま人生を折り返すのかと思うとぞっとしました。そこで、すべての選択において、人と関わる方向にシフトしていく決意をしました。

そして、手始めに、人との関わりが少ない今の仕事を辞めて、多くの人と関わる仕事に転職することにしました。

正直、怖くて不安ですが、ここで勇気を出さなかったら、もっと後悔すると思ったのです。

これからどんなことがあるかわからないけど、ワークを続けて、何があっても大丈夫と思えるようになりたい。

人とのつながりを増やして、自己肯定感を上げて、自分を認めて、他者への承認欲求から卒業するのが目標です。