比べるのは昨日のピノッキオ=ME

40代後半でギャンブル依存&モラハラ夫と離婚、50代おひとりさまのおっかなびっくりはじめの一歩

ホームビデオの撮りっぱなしは危険です

f:id:kurapinome:20200531231838j:plain



大事な映像が行方不明!


ぴのめは、怒涛の結婚生活を送っていたため、
家のことが結構おろそかです。
おろそかの一つがホームビデオの整理です。

まだ、スマホを持っていなかったころ、
デジタルビデオカメラで子供の成長を撮りまくり、そのまま放置。
以前に編集したのは6年前、
上の子の小学校卒業までです。
その後はカメラのHDDと、マイクロSDカードに入れっぱなし。
こんなことなら、早い段階でスマホ撮影に切り替えておけばよかった。

実は、下の子の「学芸会主役級出演作品」を
編集し忘れ、放置していることが
ずーっと気になっていました。
子供に気づかれる前に探し出さねば。
今回は本腰を入れて整理することにしました。

手始めにSDカード内の動画をパソコン経由でDVDに焼き、
そのうえで外付けHDDにもコピー。
文字にしたら2行ですけど、
ぴのこにやらせたら、
これだけで、3日がかりですよ。
でも、この時点で、学芸会最高傑作が見つかりません。
どうやら、ビデオカメラ本体のHDDに入っているようです。

早速ビデオカメラにとりかかりましたが、
電源は入るけど、再生もパソコンへの取り込みもできない。あれ壊れた?
このカメラのHDDの中に最高傑作が入っているのに、どうしたらいいの?
動画整理作業4日目にして、泣きそうです。

 

カメラも映像も年をとります

まずはカメラのメーカーにメールで相談。

メーカーからは、
「故障しているようですが、動画を取り出すことは不可能なのでデータ復旧会社の利用をすすめます。」

との回答をいただきました。

そこで、データ復旧の会社を検索。

今は、データ復旧の会社がたくさんあります。
ビデオカメラの見積もりも2万円から10万円まで、料金設定いろいろです。
その中から、私はディスクセーフという会社を選びました。

disksafe.jp


こちらを選んだのは、料金設定が明瞭で、サイトの口コミがよかったこと。無料相談の回答が親切で、ビデオカメラを送付してデータ復旧が不可能だった場合、ビデオカメラの往復送料のみの負担ですむことからです。

メールによる無料相談の後、ビデオカメラを送付し、さらに無料診断。
1週間ほどで電話があり、無料診断の結果、ほぼ全データを取り出すことができるとのこと。
そこで改めてデータ復旧を依頼し、その後1週間ほどでビデオカメラとともにブルーレイディスク4枚にコピーされて帰ってきました。

私の場合は、完全には復旧できなかった動画もありましたが、
子供の学芸会は見事完全復旧。動画はブルーレイに、丁寧に編集されており、すぐに見ることができました。感激です。
ちなみに今回お値段は、2万4千円弱かかりましたが、この短期間に、素晴らしいクオリティでこのお値段。子供にバレずに済みましたし、もう感謝しかありません。

HDDやDVDの映像も、カメラ本体も永遠ではありませんね。劣化には要注意です。
それから、不具合のあるビデオカメラの電源を、何度も入れたり消したりするのは、よくないそうなので、あまりいじらずに相談してみた方がよいようですよ。