比べるのは昨日のピノッキオ=ME

40代後半でギャンブル依存&モラハラ夫と離婚、50代おひとりさまのおっかなびっくりはじめの一歩

私のドラミちゃん

f:id:kurapinome:20210319224715j:plain

こんにちは!ぴのめです。

前回の記事では、

自分で自分のドラえもんになろうって思ったことを書きました。

 

実際のところ、一人でのび太とドラえもんの二役をやるのは

そんなに簡単じゃありません。

たまには誰かに甘えさせてもらってガス抜きが必要です。

ドラえもんだって、「のび太の世話が大変だ」って

未来からたまにやってくるドラミちゃんにぐちってます。

ドラミちゃんもセワシのお世話が大変だって言ってます。

 

そんなわけで、私のセルフドラえもんにもドラミちゃんがいます。

彼女とは20年以上前、勤務先で知り合いました。

彼女は私と正反対の性格で、ものおじせず、

ハキハキといつも明るく、好奇心旺盛で積極的。

私より年下なのにしっかりしていて、

周囲の人から可愛がられていました。

今考えてもまさにドラミちゃんのような人。

当時の私は、結婚の約束をしていた彼にふられたばかりで

ねずみに耳をかじられてしょげているドラえもんみたいでした。

ドラえもんとドラミちゃん

 明るく元気な彼女に声をかけられて、

いろんなことを話すうちに、

彼女も結婚を約束していた彼と別れたばかりとわかって

すっかり意気投合。

食事に行ったり、映画を見に行ったり、

楽しく遊びました。

その後、二人とも同じ時期に彼氏ができて結婚し、

同じ年に子供を産みました。

 

 結婚後は遠く離れてしまったので、

年に何回か手紙のやりとりをしていました。

彼女はご主人の実家との折り合いがつかず、

私は夫との折り合いがつかず、

どちらも結婚生活が大変でした。

そして、私も彼女もそのことを周囲に言えずにいて、

手紙を書くことだけで悩みを吐き出していました。

 

彼女から送られてくる年賀状や写真は、

必ず家族全員で写っていて幸せそうなんです。

よそ行きの服を着て、毎年写真館で写真撮ってるし。

でも手紙には家庭不和のドロドロの問題が書かれていました。

 

私も人前では仲良し夫婦を装っていたけど、

家庭内は悪夢でした。

私の場合は、家族写真がありません。 

元夫が家族写真に写るのを嫌がったからです。

子供たちと元夫、子供たちと私の写真はありますが、

家族全員の写真はほとんどないのです。

離婚の前兆だったのかもしれません。

 

彼女には、これまで周囲の人には言えない気持ちを、

素直に打ち明けることができました。

子供が同じ年齢ということもあって、

同じタイミングで同じような出来事が双方に起きます。

だからこそ、余計に分かり合える。

同じポイントで共感しあえているのだと思います。

 

 私と彼女が出会ってから20年以上たち、

私は離婚して、子供が巣立っておひとりさまに。

彼女は大病を患って、働くことができなくなり、

離婚はしないで夫と子供たちと家族全員で暮らしています。

今のふたりの状況は正反対ですが、

私も彼女も自分の時間ができ、

最近では頻繁にやりとりできるようになりました。

 

ドラミちゃんに感謝

 私がモヤっとしているとき、

なぜか彼女から連絡があります。

かわいらしい文面に元気をいただいてますが、

なぜか彼女も同じようなことでモヤっとしている

という内容なのです。

ちょっとしたシンクロニシティです。

同じ経験をしている彼女に気持ちを打ち明けるだけで

こんなに癒されるなんて。

彼女には何度も助けられました。

ここぞというときに、

のび太の机の引き出しから出てきてくれる、

まさにドラミちゃんです。

こういう関係をソウルメイトって言うのかしら?

今までいろんなことがあった人生ですが

彼女に出会えたことが、

私に与えられたすばらしい贈り物です。

今は彼女の体調が回復することを願い、

のび太だけでなく、

ドラミちゃんも勇気づけるドラえもんでありたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村